まちライブラリー@ひびうた文庫

人と人をつなぐ「図書館」

まちライブラリー@ひびうた文庫は、まちの人と一緒につくっていく図書館です。

居場所を訪れる人から寄贈していただいた約2000冊の本が並んでいて、貸出も行っています。

各種イベントなどで、利用者さん同士が交流できる場をつくっています。

明日も続きを読みたくなる本、誰かと感想を話し合いたくなる本を揃えてお待ちしています。


お知らせ

 

 

「蒔き本棚」スタート!

今まで「貸本棚」としてご利用いただいていたスペースを、より自由に、一冊からでも自分の好きな本を種を蒔くように置ける「蒔き本棚」としてリニューアルします。

 

 

【ご利用方法】

・蒔き本棚に本を蒔きたいときは、スタッフにお声がけください。

・「まちライブラリー」の背シール、ブックポケット、貸出用カード、感想カードをスタッフがお渡しします。

・それぞれを本にセットしていただきます。

・感想カードの「オーナーからの紹介文」をご記入いただき、スタッフにお渡しください。

※何冊からでも、いつでも蒔いていただけます!

11/25㈮

19:00~21:00

ひびうた大学文学部2022第8講「旧ソ連圏の文学」開講します。 参加費500円。

11/11㈮

19:00~21:00

「ノーベル文学賞2022読書会」開催します。

参加費500円。

11/4㈮

19:00~21:00

「生誕130周年 芥川龍之介読もうぜ! 第7回」開催します。

参加費500円。→終了しました。ありがとうございました。

図書館の使い方

①館内で本が読めます

町の人から寄贈していただいた、約2000冊の本を自由に読んでいただくことができます。

開館中であれば、何時間でも滞在していただけます。

自家焙煎珈琲、麦茶などのフリードリンクもおかわり自由。

古民家の和室空間で、ゆっくり読書を楽しんでいただけます。

②本の貸出を行っています

図書館内の本は、貸本棚スペースを除いてすべて貸出可能です。

貸出の冊数、期限についての決まりはございませんので、お好きな本を、読めるまでお楽しみください。

貸出は無料です。

貸出を希望される際は、居場所のスタッフにお声かけ下さい。

ご自宅でじっくり本を読んでいただけます。 

③本の感想をシェアできます

本の裏表紙裏のブックポケットには、「みんなの感想カード」が入っています。

本を読んで感じたこと、考えたことがあれば、ぜひカードに感想をご記入ください。

同じ本を読んだ人、これから読む人と、感想を分かち合うことができます。


本の寄贈について

①誰かに読んでもらいたい本を

 

捨ててしまうような本ではなく、「自分はもう読まないけれど、いい本だから他に活かせる場所があればいいな」と思える本がありましたら、ぜひひびうた文庫までお持ちください。

②よろしければメッセージを

 

ご寄贈の際に、お勧めされる理由や、次に読む方へのメッセージがあれば、ぜひメモなどで添えていただけると嬉しいです。 「みんなの感想カード」に清書させていただきます。

③贈る気持ちの循環を

 

現在蔵書が2000冊を超え、書庫もいっぱいになっている状態です。いただいた本を、他に本を必要としている場所に寄付させていただく場合もございます。ご了承の程よろしくお願いいたします。


まちライブラリー@ひびうた文庫は、地域の人からいただいた寄贈本のみで運営しています。

文庫をもっと面白くしていくためにも、みなさまから本のご寄贈をお願いしています。

ご寄贈いただく際には、以上の点にご注意願えましたら幸いです。

ご利用案内

OPEN:月曜日~金曜日 10時~17時

お問い合わせ:059-202-1591(コミュニティハウスひびうた内 まちライブラリー@ひびうた文庫)

まちライブラリー公式ページ:http://machi-library.org/where/detail/5269/

リブライズ(インターネット上書庫確認システム):https://librize.com/places/3783