日々詩書肆室

「人生」でわかち合う

 様々な違いのある人たちの生き方をあらわした本を集めています。

ひとりの「小さな声」に耳を傾けていくことが、読む人の人生、また読む人の周りに存在する人の人生を変えていく。

本が持つ力を信じています。 

港の人代表・上野勇治さんトークイベント

2024年春、日々詩で詩人北村太郎さんの詩を読む


2024年4月28日㈰16時~18時、鎌倉の出版社・港の人の上野勇治さんにHIBIUTA AND COMPANYにお越しいただきます。

出版社の名前の由来にもなった詩集『港の人』を刊行し、昭和の詩壇をリードした詩誌・『荒地』の中心人物だった詩人・北村太郎さんの詩について、お話していただきます。

ご予約は info@hibiuta.org にて受け付けております。みなさまのご参加をお待ちしております。

アサノタカオさん新著『小さな声の島』刊行記念

アサノタカオさん×大阿久佳乃さんトークイベント

2024年4月にサウダージ・ブックスより刊行されるアサノタカオさんの著書『小さな声の島』の刊行を記念して、サウダージ・ブックス編集者のアサノタカオさんと、文筆家の大阿久佳乃さんによる対談イベントをお送りします。

 

小さな声を拾い集める出版活動を続けてこられたアサノさん。2023年サウダージ・ブックスから著書『じたばたするもの』を刊行された大阿久さんとは、ひびうたでは3回目の対談となります。

 

新著について、文学について、出版について、おふたりからどのようなお話が聴けるか楽しみです。

 

4/21㈰ 13:30~15:30

HIBIUTA AND COMPANY(津市久居本町1346-7)にて

参加費:1500円

ご予約・ご連絡先: info@hibiuta.org  電話059-202-8188


日々詩書肆室の過去のイベント情報はこちらをご覧ください。

営業時間変更のお知らせ

2024年2月より、営業時間が下記のように変更となります。

 

火曜日~土曜日 9時~19時

定休日:日曜日・月曜日

 

読書会:毎週金曜日 18時~20時 

日々詩書肆室の6つの書棚

 

「人生でわかち合う」ために、以下の6つのテーマの本を集めています。

 

①社会を見る書棚 (社会で「小さな声」を抱えて生きる人々の現状を知る本)

②勝敗の無い書棚 (誰もが自分の感じ方ができる詩やアートの本)

③生業を選ぶ書棚 (はたらくこと、生涯の仕事について考える本)

④想像で跳ぶ書棚 (読む人の想像力を羽ばたかせてくれるような物語)

⑤生活が実る書棚 (自分らしい毎日の過ごし方を見つけられる本)

 

⑥創作を推す書棚 (表現したり、創作したりする勇気を与えてくれる本)

日々詩書肆室の書籍は HIBIUTA ONLINE SHOP でも販売しています。

4月の予定

 4/2㈫~4/30㈫ 港の人フェア開催中です!

 

☆4/21㈰ アサノタカオさん著書『小さな声の島』刊行記念 

アサノタカオさん×大阿久佳乃さんトークイベント開催!

13:30~15:30 参加費1500円

 

☆第一回共有地読書会4/27㈯15時~17時開催します!

課題本は北村太郎さんの『空とぶ猫』(港の人)。

 

☆4/28㈰10時~12時 ひびうた(津市久居幸町1116)にて開催される第2回ブックマーケットに、日々詩書肆室も出店します! 本や雑貨、食品を販売するマーケットです。

出版社・港の人さんもゲスト出店されます。

 

☆4/28㈰16時~18時 港の人代表・上野勇治さんトークイベント「2024年春、日々詩で詩人北村太郎さんの詩を読む」開催! 参加費1500円

 

 

〇イベント予約について

  info@hibiuta.org /059-202-8188までご連絡ください。


ご連絡先:TEL/059-202-8188   MAIL/ info@hibiuta.org

担当:村田奈穂