· 

シェアハウスひびうたへの道(祝い鮭)

こんにちは。

 

5月16日をもって、シェアハウスひびうた(障がい者用グループホーム)となる予定の土地と建物の所有権を取得しました。

ベテランの司法書士さんに契約書を作成してもらいましたが、長年の経験からも今回のような契約内容は初めてとのことで、とても驚いてみえました。

さすがに保障となる条件を付けましょうという話になり、もしもの場合に売主さんが損をしない条件を盛り込んでいただきましたが、売主さんはそんな条件さえも必要ないのにとおっしゃっていました。

 

契約書にサインをすると、一段とこれから果たす責任の大きさを感じました。

入居する仲間はもちろんのこと、物件を買わせていただいた仲間の親御さんのためにも、全力で取り組んでいこうと決意を新たにしました。

 

契約が無事に完了したことで、祝い酒を飲みに行こうと思い、行きつけのお好み焼き屋に行きました。

80代のおっちゃん(と呼ばせてもらっている)が一人で店を切り盛りしていて、人情に溢れる昭和の店の雰囲気が漂う大好きな場所です。

だいたい席に着くと頼んでもいないのに、冷奴やキムチや冬にはおでんが出てきます。

 

この日はまだ熱されてもいない鉄板の上に、勢いよく鮭が飛び込んできました。

「にいちゃん、これでも食べ」と。

赤いし縁起がいいなぁと思い、祝い酒ならぬ祝い鮭をご馳走になりました。

 

かなり飲んで食べて良い気分になりお会計を済ませようとしたら、「2000円でええわ」と。

飲んだ分だけでもそれ以上かかったのは間違いないのですが、いつもまけてくれます。

というよりは、おっちゃんの気分と勘定は比例しているのではないかと推測しています。

めずらしく若いお姉さん方がお店にいたことで、おっちゃんの気分は最高潮に達し、まけてくれた金額も最高潮に達したのではないかと。

何はともあれ良き祝いになりました。

 

コロナの対策で20時までの時短営業を守っている話になったとき「約束は守らなあかん。約束を守るのが一番大事。」と、おっちゃんは急に真面目な顔で話していました。

本当にそうだなと思いました。

 

人と交わした約束、自分と交わした約束を、守れる人間になれるように努力をし続けていこうと思います。

 

ひびうた代表

大東悠二

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    とくちゃん (木曜日, 10 6月 2021 06:45)

    ブログを拝見しました。大東さんのいつも誰かのために一生懸命にやってみえる姿が、人々の心を動かすのだと思います。シェアハウスがうまく軌道にのるようお祈りしております。くれぐれもお身体だけはお大事にしてください。

  • #2

    大東悠二 (木曜日, 10 6月 2021 09:39)

    こころ温まるコメントをありがとうございます。目の前の一人のために、一生懸命できることをやることしかできませんが、これからも変わらずに続けていきたいと思っています。身体に気をつけますね。これから暑い日が待っていそうなので、とくちゃんさんもお身体を大切にしてくださいね。

since2015

コミュニティハウスひびうた

本とコーヒーのある「居場所」

 

since2017

コーヒーハウスひびうた

居場所をつくる「珈琲店」

 

since2019

まちライブラリーひびうた文庫

人と人をつなぐ「図書館」

 

 since2021.4.23

ブックハウスひびうた

小さな声がきこえる「本屋」

 

059-202-1591(tel)

059-202-1137(fax)

sayamachi@hibiuta.org(mail)

公式Instagramひびうた

公式LINE@ひびうた食堂