コミュニティハウスという場を知ったのは2014年に富山県で行われたフォーラムでした。

富山県高岡市にある「コミュニティハウスひとのま」の共同代表元島さんが「管理しない」「トラブルが起きて当たり前」と話していたのが忘れられず、2015年7月に「コミュニティハウスひとのま」に足を運んでみました。

子どもから大人までたくさんの人がそこに集まっていました。みんなと一緒に花火をしたりお化け屋敷で絶叫したり。

滞在した二日間は共同代表の宮田さんにお世話になり、コミュニティハウスについて学ばせてもらいました。