ひびうた(居場所)

目の前の一人から、居場所をつくる

2015年に始まった居場所づくりは、目の前の一人との出会いによって広がりを見せています。

【居場所】の意味も活動を通して新しい解釈が生まれてきました。

 

「居てもいいと思える場所」としてのコミュニティハウスひびうた

「いろんな私に気づく場所」としてのチルドレンハウスひびうた

「活かすことができる場所」としてのコーヒーハウスひびうた

「生きたい街で暮らす場所」としてのマイハウスひびうた

 

居場所、いばしょ、活場所、生場所。

 

以下、ひびうたの取り組みについて紹介しています。

コミュニティハウスひびうた

いきがしやすい居場所

コーヒーハウスひびうた

ひとりのための珈琲店

マイハウスひびうた

いきたいまちの住環境

チルドレンハウスひびうた

わたしにであう学び舎